ねこぐらし。

ディスコグラフィー / Discography

ねこぐらし。シーズン3 いざ猫魔山へ 編

2021年3月1日、販売開始! 販売価格 1,800円(税込1,980円)

次なるおもてなしの舞台は、あの世とこの世の狭間の世界にそびえ立つ霊山「猫魔山」

神々以外の立ち入りが禁じられた猫魔山には、「猫鳴館」の創設者:大女将が住んでいると言われており、強い霊力の影響で四季も不安定、そして頂上に至る登山ルートによって風景・名所も異なる難所。 「九魂祭」のイベントとして、それぞれの猫娘とそれぞれの路を登り、頂上にある猫鳴館の離れ“猫見の館”でご就寝…?!二人の距離を縮める恋路にも山あり谷あり!?

「猫鳴館」の秘密がついに明らかに!?
アメショ猫が従える“古参組”猫娘も登場し、ストーリーも急展開!

ねこぐらし。シーズン2 ようこそマタタビの湯へ 編

2020年10月5日から、隔週全7作品配信された。販売価格 1,800円(税込1,980円)

おもてなしの舞台は「神々の湯」として名高い「マタタビの湯」

紅葉と竹林の秋深まる小路を抜けると、そこには古風な離れ湯屋。囲炉裏で温まり、ほっと一息。露天風呂で、疲れた旅人を猫娘たちがもてなす空間が広がる。
昨日も今日も、明日も変わることなく、しゅわしゅわわ、炭酸泉「マタタビの湯」は、訪れる者を優しく包み込み、癒してくれるという。あなたの悩みとお背中を、猫娘がお流しします…!

猫娘“アメショ猫”“チンチラ猫”も加わり「猫鳴館」の背景にある謎多きストーリーが、徐々に解き明かされていく…。

ねこぐらし。シーズン1 ようこそ猫鳴館へ 編

2020年6月15日から、毎週全7作品配信された。販売価格 1,800円(税込1,980円)

不思議な鈴の音に誘われて、あなた(リスナー)が辿りついたのは猫鳴館。
そこは、あの世とこの世の狭間にある由緒正しき旅館。行き場のない生き物の魂、神様と崇められるお客様がこの宿を訪れ、千年を一日のように、一日を千年のように楽しき時を過ごしていた。
折しも十年に一度開催される「九魂祭」の時季。その「マレビト」として選ばれたあなたは、旅館に住む猫娘たちから「おもてなし」を受け、その中で最も気に入った猫娘を一人選び、現世へと共に戻ることが出来るのか!?

初めての猫鳴館での「おもてなし」
あなたには、どの猫娘の鈴の音が聞こえていますか…?